09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

シンガポールの道路事情

2006年09月29日
シンガポールの道路事情について

シンガポールでは車両数の増加を規制するため、
1990年5月1日から車両割当制度(Vehicle Quota System)
が導入されています。

この制度の下では、政府は車両の新規登録者数を、道路整備の状況や
廃車数などを考慮して、毎年あらかじめ決めるているそうです。

また、車両をもつための権利である車両購入権
(Certificate of Entitlement:COE)の価格は市場(入札)
により決定されているそうです。

車両購入希望者は、毎月1日から7日までに陸運庁(LTA)に、
入札の申込みをしなければならず、その際に入札額の50%を
供託金として納入しなければなりません。

最終的な車両購入権価格(Quota Premium:QP)は、
各々の入札価格では、割り当てられた登録数を落札できた入札
価格の中で最低価格と同額となります。

ただし、法人名義の車(社用車)はその2倍の額‥

2倍って‥

すごい‥

しかもあくまでも「購入の権利」だし‥

車両購入権(COE)の有効期間は購入した車を登録した日から10年間。

(え~っ?じゃあそれ以上乗ろうとしたらどうなるんだろう?)

車両購入権の有効期間が満了する場合、当該車の所有者は
5年または10年の車両購入権の延長をすることができるそうです。

車両購入権は一部のカテゴリーを除いて譲渡不可であり、
車を手放す場合には車両購入権ごと手放さなければなりません。

もしも新たに車を購入する際には、車両購入権を新規取得なければなりません‥

この車両割当制度により、シンガポールにおける車両の増加率
は年3%に抑えられているそうです。


まぁ国によって抱える問題の種類やその規模や質はそれぞれで、
簡単に比較したり、当てはめてみる程度では、なかなかその国
に合った考え方や制度を理解したり、評価したりできないですね。

でも、よーく理解すると「なるほど‥」と深く理解することができるようになります。

日本でも他の国でも、シンガポールの取り組みを参考にして、
独自の規制やルールを作る必要があるかもしれませんね。

※写真はシンガポールのオーチャードロードに設置されている
シンガポール版ETC」の写真です。日本はクレジットカードで利用して支払いますが、
シンガポールではプリペイドの電子マネーで利用します。
したがって、残高不足になる可能性がありますが、そうなった
場合にはペナルティーが発生してしまいます。

色々な面でユニークな国だと思わされます。

ETC



シンガポール | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。