05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

羽田空港新国際線ターミナル利用の注意点!

2010年11月11日
羽田空港新国際線ターミナル利用の注意点!

羽田空港の新国際線ターミナルがオープンして、
まだ数週間ですが、今日で二度目の利用となりました。
先週はシンガポールへのフライトで、今日はロサンゼルス。

シンガポール便は23時過ぎでしたが、今日のロサンゼルス便
は24時過ぎ。

前回は空港に来てからレストランなどを利用せずに、すぐに
出国手続きをしてラウンジへ直行しましたが、今回は食事を
しようと思い、江戸の街を再現したという商店街(?)へ
行ってみました。

驚いたのは飲食店のセレクション。

焼肉「チャンピオン」、ラーメン「せたが屋」、洋食「満点星」
どれも東京で人気のある有名なお店ばかり。。。

かなり頑張ったんだろうな~って関心しました。
でも、戦略的には間違っている気がするんですよね。

これだけ東京のラーメンや焼肉の有名店を並べるなら、国際線
ターミナルではなく、国内線ターミナルでしょう?

海外からの観光客が、日本で最後の食事をするお店を選ぶのなら、
「伝統がある老舗」「外国人にも有名なお店」であるべきでは?

逆に、国内の地方都市から来た人達が、東京で最後の食事をする
お店を選ぶなら、「東京でしか味わえない味」「東京の有名店」
が喜ばれるのでは??

まぁ、昔は「高いだけ」のお店が多かった公共施設の飲食店と
比較すればかなりの進歩とも言えるのかもしれませんね。

「値段」と「手軽さ」と「美味しさ」のバランスを考えると、
なかなか難しいのかもしれませんけどね。

それと、、、

お土産店の閉店時間の早さにビックリ!
10時過ぎまでフライトがある国内線ターミナルの出発ロビーの
土産物店の多くは8時に閉店してしまうのもどうかと思います
けど、1時過ぎまでフライトがある国際線ターミナルの出発ロビー
のお店が9時に閉店してしまうのは明らかに不便。。。

出国手続きをした後にも免税店がありますが、品揃えは全く比較
になりません。
ウインドーショッピングもお店の数が少ないので、あっという間
に終わってしまいますから、できれば本やiPodを持参するなどの
工夫をした方が良いかもしれませんね。

逆に、ANAのラウンジは設備がとても充実しているので、ビジネス
クラスやANAマイレージ会員の中でプラチナやダイアモンドなどの
ステータスがある人は、絶対にラウンジを利用されることを強く
オススメします。

テレビやインターネット(無料Wifiあり)や食事だけではなく、
とてもキレイなシャワールームも完備しているので、職場から直行
したビジネスマンには特にオススメです。

今後、フライトが増え、利用客が増えることによって、使い勝手が
向上することを望みたいと思います。

羽田空港新国際線ターミナルにて

羽田空港新国際線ターミナル
羽田空港新国際線ターミナル posted by (C)東京ガイド

ANAビジネスクラスラウンジにて

ANAラウンジ
ANAラウンジ posted by (C)東京ガイド

ラーメン「せたが屋」にて

ラーメン(せたが屋)
ラーメン(せたが屋) posted by (C)東京ガイド

ラーメン「せたが屋」にて

ラーメン(せたが屋)
ラーメン(せたが屋) posted by (C)東京ガイド


スポンサーサイト
羽田空港 | コメント(0) | トラックバック(0)

羽田空港国際線新ターミナル駐車場料金

2010年11月08日
羽田空港国際線新ターミナル駐車場料金

羽田空港の新しい国際線ターミナルができたので、
車で空港まで行って、駐車場に停めようと考え、
羽田空港の公式ホームページで料金を確認しよう
としたら、説明を読んでもさっぱりわからなかった
ので、ここでご紹介致します。

入庫してからカレンダーの日付とは関係なく24時間
毎に一日とカウントされます。

入庫して最初の24時間を一日目とカウントするので、
例えば夜の11時過ぎに入庫して、すぐに日付が
変わっても大丈夫です。

普通車の場合、最初の三日(入庫してから72時間)
までは、「一日(24時間)1500円」です。
三日目以降(72時間以降)は「一日(24時間)1000円」
だそうです。

したがって、普通車で一週間駐車すると以下のようになります。

一日目は1500円
二日目も1500円(合計3000円)
三日目も1500円(合計4500円)
四日目は1000円(合計5500円)
五日目も1000円(合計6500円)
六日目も1000円(合計7500円)
七日目も1000円(合計8500円)

カレンダーの日付ではなく、24時間を一日としているのは、
羽田発の便の出発時刻が深夜が多く、到着時刻が早朝が多い
ことに配慮してこのようになっているのだと思います。

そう考えると分かりにくいけれど、良心的だと思いますね。
また、上記の料金に1000円プラスして予約することもでき
るので、年末年始やゴールデンウィークやお盆の時期などには、
満車になる可能性もあるので、賢く利用するのが良さそうです。

注意!
ここに書いている内容は2010年11月8日現在の情報です。
その後料金体系などが変更になる可能性もありますので、
参考にされる方はご自身で羽田空港にご確認下さい。
万が一上記の内容と違っていても、当方ではその責任は追い
かねますので、ご了承くださいね。



羽田空港 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。